agaの治療薬には、高血圧の薬として初めは開発され、その後発毛作用があることが分かり、その作用は毛乳頭や毛母細胞の活性化をさせると言われる外用薬のミノキシジルと男子ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンにかえる5α還元酵素の活性をおさえるフィナステリドやデュタステリドがあります。ジヒドロテストステロンは、皮脂腺の受容体とむすびつき過剰な皮脂を分泌させ毛穴をふさぐことによりagaを誘発します。このミノキシジルとフィナステリド、デュタステリドは、aga改善に対する作用機序が全く違いますので、一緒に使用する事により、agaをよりはやく、効果的に改善しますが、どちらも医薬品ですので、副作用がありますので、それおwできるだけ防げるように、その副作用について紹介をします。

ミノキシジルの作用とその副作用

ミノキシジルは最初高血圧の治療薬として、発売されました。その使用中に発毛効果がみられ、改めて発毛剤として使用がアメリカで許可されました。日本でも、ダイレクトOTCの1類薬品として販売されています。発毛効果は毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化と言われていますが、正確な事は分かってはいません。血圧降下の内服薬として、海外では販売されていますので医薬品個人輸入をして手に入れることができますが、血圧降下剤なので、発毛剤として用いると低血圧になることがよくあります。agaの外用薬として世界中で発売されていますが、一般的な副作用は基剤成分のプロピレングリコールに対して起きる痒みです。そしてミノキシジルを過剰に使用すると、低血圧の可能性もあります。さらに、途中で使用を止めると、脱毛が再び起こり始めます。それ以外には、母乳より赤ちゃんに移行するために、授乳中の人は使用をしてはいけません。

フィナステリド、デユタステリドの副作用

国内臨床試験では、フィナステリドは胃部膨満感、性欲減退が言われていますし、頻度は少ないものの肝臓障害が報告されています。デュタステリドは、フィナステリドが、5α還元酵素酵素のⅡ型のみを抑えるのに対して1型も抑えますので、効果はフィナステリドの1.5倍あります。血液中に半分残る時間もフィナステリドは4~6時間に対してデュタステリドは約2週間と報告されています。デユタステリドの方が明らかにフナステリドより効果が大きいのですが、デュタステリドは、身体がこの薬になれて、耐性を起こす可能性が高いので、デュタステリド服用時は、時々中止してフィナステリドを使用するように言われています。それ以外にも、性欲減退、鼻咽頭炎、肝臓障害が報告されています。それと、フィナステリド、デユタステリドともに妊娠中の女性が触っても皮膚から吸収されお腹の赤ちゃんが男の子の場合奇形が起こると報告されています。

agaには個人差がありますが、早いと10代から症状が出ることもあります。 早めのケアがAGAには大切! 周囲の目を気にすることなく治療が受けられるので安心して通院できます。 産毛が残った状態のAGAなら改善する可能性があります! 脱毛症の治療薬ミノキシジルは、髪の毛を太く長くする効果があります。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 agaの治療は発毛専門の池袋agaクリニック