agaは成人男子に見られる髪の毛が薄くなる状態のことで、思春期以降、額の生え際の髪や頭頂部の髪がどちらか一方からか、または両方から薄くなってゆく状態の事です。その原因の一つに男性ホルモンノテストステロンが、5α還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)になり、このDHTが受容体と結びついて大量の皮脂を分泌して毛穴を防ぎ、脱毛が始まることが分かってきました。この5α還元酵素の生成をふせぐために、フィナステリド、デュタステリドが使われaga治療の救世主と言われています。さらに、血圧降下剤として開発されたミノキシジルにおいても発毛効果が見られる人がいて、こちらも日本で発売された時、爆発的売れ行きを示しました。しかし、どちらも医薬品ですので、効果があるとともに副作用がありますので、そのことを知った上で使用しましょう。

フィナステリド、デユタステリドの効果と副作用

フィナステリドは5α還元酵素の活性を抑えることにより、DHTの生成を防ぎ脱毛を阻止します。さらにDHTを防ぐことにより、毛穴が健康な状態となり、再び髪の毛が増え、太くながくなります。フィナステリドは5α還元酵素のⅡ型の活性のみを抑えますが、デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方の活性を抑え、フィナステリドの1.5倍の効果を表わしますが、どちらもagaの救世主ですが、副作用があります。まず、妊娠中の女性が触ると、胎児が男児の場合性器に奇形を生じる可能性があります。また、前立腺癌検査のマーカーの値を2分の1に下げる作用がありますので、これらの薬使用中死後も6カ月は輸血をしてはいけません。その他フィナステリド煮は性欲減退デュタステリド煮は勃起不全が報告されており、両方とも、まれに肝機能障害の報告があります。

ミノキシジルの効果とその副作用

ミノキシジルは血圧降下剤として開発された薬ですが、その臨床検査中に発毛作用が見られ、改めて、発毛剤として承認発売された薬です。その効果は毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化と言われていますが、その詳細は、まだ分かっていません。フィナステリドやデュタステリドと効果が出る理由が違っていますので、併用する事ができ、併用すると効果が良く出ます。もともと、血圧降下剤として開発された薬なので、副作用はまず、低血圧が起きる可能性がある事です。さらに外用薬として、発売されていますので、基剤のプロピレングリコールによるアレルゴーで頭皮にかゆみが出る場合があります。日焼けをした皮膚においては、ワセリンやトレチノンと併用すると、ミノキシジルの吸収が過剰になることが知られています。