男性の中には成人になってから発症する薄毛症状に悩んでいる人も多いことでしょう。頭髪はその人の外見を大きく変化させてしまうので、それによって自信を失ったり、引っ込み思案な性格になってしまうケースもよく聞かれます。この症状を引き起こす原因の一つとして知られるのがagaという病気です。agaは男性ホルモンと頭皮の酵素が反応することで頭髪の成長を妨げる物質を分泌するという病気ですが、これは医療機関を受診することで治療することも可能です。飲み薬や塗り薬などを使用し続けることで少しずつ改善していくことができますが、その一方でこれらの治療薬によって副作用が生じる場合もあるので注意が必要です。それではこの副作用はどのように引き起こされ、どのようなものなのでしょうか。

プロペシアは男性ホルモンへの影響により副作用のリスクがある

まずaga治療で最もよく知られ、医療機関でも一般的に扱われている薬品にプロペシアという錠剤があります。これにはフィナステリドという成分が含まれており、これは前立腺肥大症の治療薬の開発中に偶然にも発毛効果があったことで薄毛治療の特効薬としての研究が始まりました。プロペシアは1日1錠ずつ服用すると頭皮の酵素の働きを抑制し、DHTの分泌量を抑える効果を持っていますが、その一方で副作用としてまず肝機能障害を引き起こす可能性があり、さらに男性ホルモンへの影響によって男性特有の症状として性欲減退、勃起不全、射精障害などの症状につながるリスクがあります。他にも鬱症状に陥ったり、男性の胸が肥大したりといった症状を訴えるケースもあるようです。いずれも副作用の発症リスクは利用者のわずかにとどまります。

低血圧の人はミノキシジルの利用に気をつけたほうが良い

aga治療に効果的な薬品としてミノキシジルがあります。これは内服薬などもありますが、薄毛治療に使用されているものとして日本で正式に認可されているのは外用薬となります。これを頭皮につけると毛細血管が拡張されて血流が高まり、それに含まれる栄養分も過不足なく頭髪へと補給されるわけです。その一方でミノキシジルには副作用も認められています。まず血管を拡張させることは血圧を下げることにもつながるので、もともと低血圧の人にとっては心臓や血管に過度な負担をかけるケースがあります。また、血流が高まることで動悸や息切れが起こったり、肌の温度が上がることでかゆみや発疹が生じたり、また場合によっては初期脱毛が進んだり、鬱、性欲減退、勃起障害が起こるケースもあります。まずはしばらく利用してみて、万が一にもこれらの副作用が認められた時には一旦中止して医師の診察や判断を仰ぐと良いでしょう。